浜松市の太古から現代までの歴史

浜松は浜北原人や三ケ日原人が有名な地域

浜松 歴史 : 浜松まつり- 浜松まつり公式ウェブサイト

浜松は、徳川家康の天下取りと共に発展して来たイメージが強い歴史の都市ですが、後期旧石器時代の紀元前16,000年頃から浜北原人や縄文時代中期の三ケ日原人が有名な地域です。
また、縄文時代前期?弥生時代にかけては滝沢鍾乳洞遺跡に加え、本町田遺跡や伊場遺跡及び城山遺跡など複数の丘陵地域で集落が形成されていた地域でもあります。
この地域は、天竜川の上流に位置する浜北区から家下を経て三ケ日を東西を結ぶラインが海岸線であり、三ケ日から豊橋市牛川町や嵩山町周辺が半島の様に遠州灘に突き出す地域でした。
その為、旧石器時代?弥生時代に掛けて浜北原人や三ケ日原人及び牛川原人などの旧石器時代の化石人骨が発見されています。
浜北原人は、高野山真言宗別格本山の岩水寺の採石場である浜北根堅洞窟で発見された原人であり、三ケ日原人は石灰採掘場の只木遺跡から出土した原人です。

浜松は浜北原人や三ケ日原人が有名な地域静岡県西部を支配した遠淡海国造の所領とされている近年では餃子消費量日本一に輝いています