浜松市の太古から現代までの歴史

静岡県西部を支配した遠淡海国造の所領とされている

浜松 歴史浜松まつり- 浜松まつり公式ウェブサイト

縄文時代末期にあたる紀元前2,000年頃には、円環を描く様に平地式の住居や墓地など定住集落が形成されていた蜆塚遺跡が建設されたとされ、遠州灘と繋がっていた佐鳴湖から漁業に出ていた地域と言えます。
弥生時代末期の紀元100年頃には、浜名湖や佐鳴湖が遠州灘から切り離されると共に海岸線が現在の位置まで南下し、天竜川や都田川などの流出土砂の堆積による複合扇状地を中心に稲作が開始された地域であり、伊場遺跡や城田遺跡が有名です。
古墳時代には、華紋日月天王四神四獣鏡が出土する赤門上古墳や画文帯神獣鏡が出土した馬場平古墳に加え、県内最大規模の光明山古墳などの大規模な古墳が建造された事から有力豪族が台頭していた地域であり、雨乞いなどの祭祀説や結界及び境界の守護説などから銅鐸が数多く埋められた地域でもあります。
ヤマト王権の律令体制が整う飛鳥時代末期から奈良時代初期には、大宝律令の国郡里制に従って遠江国に国司や郡司及び郷長が任命され、奈良時代中期の750年頃には五畿七道の整備に伴い東海道が市域南部を東西に横断する地域です。
遠江国は、大宝律令成立以前に遠淡海国造と久努国造及び素賀国造が合併して設置された国であり、浜松は静岡県西部を支配した遠淡海国造の所領とされています。

浜松は浜北原人や三ケ日原人が有名な地域静岡県西部を支配した遠淡海国造の所領とされている近年では餃子消費量日本一に輝いています